荒木 宏太

- Trail running -

Profile


1984年生まれ、熊本県玉名郡和水町出身。
陸上選手だった父親の影響で幼いころから走ることに親しむ。

陸上競技の名門・鎮西高校を経て、山梨学院大学に進学。大学4年間で三大駅伝(出雲・全日本・箱根)を代表として走る。
卒業後は、静岡県の自衛隊に入隊し、中部実業団駅伝大会、富士登山駅伝などのメンバーとして5年間陸上競技を続ける。

’11年11月、初めて参加した第36回河口湖マラソンでは初フルマラソン初優勝を成し遂げる。記録は2時間22分22秒。
’12年3月に自衛隊を退職し、同年4月より日本郵政グループ東京陸上部に入部、中心選手として活動していく中、6月に初出場したトレイルレース「西丹沢アドベンチャートレイル in 山北」で初優勝する。
’13年からは拠点を地元熊本において、トレイルランナーとしての活動を始める。
’16年12月に開催された熊野古道トレイルランニングレースでは優勝し、2017 IAUトレイルランニング世界選手権日本代表に選出される。初出場の世界選手権大会は’17年5月にイタリアで開催される。
納得のいく走りで好成績をおさめることを目指してこれまでどおり厳しいトレーニングを欠かさない。

また、地元の熊本県玉名郡和水町は、日本マラソンの父、金栗四三さんの故郷でもあり、その名を冠してKFランニングスクールがある。荒木はそのスクールでプレイングコーチを務める。
世界中で「ゴールド・スタンダード」として知られ、長く活用されている「リディアード式トレーニング」を取り入れ、子供から大人まで幅広い世代を対象に各個人に合った指導を行っている。

現在は、レース活動や後進育成を支援していただけるスポンサーを広く募集している。

  1. Record
  2. Sponsor

主なトレイルレースの戦績

2013年 九州脊梁トレイルラン優勝コースレコード
2014年 えびの霧島エクストリーム優勝コースレコード
2014年 asics out run the sun 日本代表出場
2015年 asics beat the sun 日本代表出場
2015年 八ヶ岳スリーピークス 準優勝
2016年 日本山岳耐久レース「長谷川恒男CUP」三位
2016年 熊野古道トレイルランニングレース 優勝

支援企業募集

[スポンサー]
●アシックス
●ウルトラスパイア
●グリコ

レース活動や後進育成を支援していただけるスポンサーを広く募集しております。



インタビュー




トレイルランニング


にんにく若葉

PAGE TOP