別府トレイルランニングセッション|’18年1月

大分 別府でトレイルランニングセッションに同行させていただきました


地球温暖化の結果として起こっている異常気象の影響でしょうか。日本の気候が夏と冬に二極化しているように思えます。大分でもこの冬は例年より雪が降る機会が多くなっています。
今回のセッション前にも雪が降って山では10cmほどの雪が積もっていたらしいのですが、当日は気温が15度くらいまで上がる小春日和でほとんど溶けていました。少し残念。

この辺りの山を知り尽くす熊本 健志 選手に案内いただいたのは結構タフな登りが続くコースで、中には最大傾斜が40度以上あろうかという激坂もありましたが、別府湾を見渡せる絶景と塚原高原や由布岳側の絶景の両方が堪能できる素敵なコースでした。


ルート: 扇山→鍋山→伽藍岳→明礬温泉→扇山
距離; 18 km
累積標高: 2700 m
ランナー: 熊本 健志 選手、長 由衣 選手

 

Photo by 長 由衣


Photo by 長 由衣


にんにく若葉

関連記事一覧

  1. 東 徹(ひがし とおる)
  2. ジャパントレイルクラフト
  3. トレイルランニング練習スポット
PAGE TOP